森のギャラリー特設ページ

今年で7年目を迎える森のギャラリーは、大量生産、大量消費とは異なる経済循環と木材利用を提案するイベントです。
ほとんどが森林に覆われている中川町では、「木と暮らし」をつなぐ「モノ」は非常に重要です。つくり手は、自然由来の資源を人間生活に役立てるための加工や制作を行い、使い手は、それらを長期に渡って、慈しみながら大切にしようとする。
私たちは、その営みこそが、人間と森が手を繋ぎ合う「森林文化」の理想的な姿であると考えています。
今回はこの「森のギャラリー2021」開催に合わせて、参加作家の商品をピックアップしました。

<<イベントの詳細はこちら>>